今年も残す所あと11日。
あっという間に1年が経とうとしていますね…。

今月の12日は『漢字の日』でした。毎年、清水寺で『今年の漢字』が発表されるのもこの日ですよね。
今年の漢字は「金」。
リオ五輪での金メダルラッシュ、政治とカネ(金)などの理由からこの漢字が選ばれたそうですね。
(この「金」という字が選ばれたのは今年で3回目でした)

「今年1年を漢字一文字で表すと?」という毎年恒例の行事ですが、今年はイオン整骨院で働くスタッフのみんなにも『今年の漢字』を考えてもらいました。
みんなはどんな漢字を選ぶんでしょうか…。

 

・【未】
未完成な整骨院を、未熟な6人の力を集めて試行錯誤した1年。
未だ方向性や意識の統一は完全ではないが、未来に向けて動き出した1年。

若いスタッフが集まるイオン整骨院において「未来」「未知数」「未開」のように若さや
将来への可能性、成長、希望を感じさせ、これからに期待をこめたくなる漢字だから

ー内藤智志ー

・【新】
院内で新しい記録を出したり、新しいことを始めた年!
あと、患者さんの立川新くんが活躍した!

などの理由で今年の漢字は「新」にしました!

ー村岡麻衣ー

・【海】
患者さんの出入りが激しく、まるで海の波のような1年でした。
自分自身も置いていかれぬように、ただ波に揺られて海に浮かんでいる
状態だったのかと思います…笑

また、イオン整骨院とは切っても切れない関係でもある
東海大学、東海大相模の「海」です。
学生に支えられ、学生に元気をもらっているのだと実感しました。

そしてこの先の荒波(不安な事)にも負けないイオン整骨院でありたいという
願いを込めてあります。

ー土屋由衣ー

・【膝】
誰か僕に膝を下さい。
最悪、靭帯だけでもいいです。
丈夫な膝を下さい。

ー栗原弘樹ー

・【挑】
今年は院の改革を考えてきました。
患者様を増やしたり外部でのトレーナー活動、superfeetやテーピングなど…
否定から入るのではなく、まずは行動に起こしてやってみる。

この事から今回、【挑】を選びました。

ー石原迅ー

 

それぞれが考えて、色々な思いを込めて『今年の漢字』を考えてきてくれました。
自分でも今年1年を改めて振り返り、反省する部分や直して改善しなければいけない所
を発見するいい機会になったと思います。

来年も院として、施術家として、そして人としてさらなる成長を遂げ、地域No,1の整骨院を目指していこうと思います。

 

ちなみに、自分の選んだ漢字は【備】という漢字です。
この漢字には2つの意味があり、一つ目は
①必要なものがそろう
という意味があるそうです
イオン整骨院で働くスタッフみんなが頑張って新しいことにチャレンジしたり、今あるものをより良いものにして
イオン整骨院に新しい武器(魅力)がそろいました
もう一つは
②あらかじめそなえる
と言う意味
新しい武器(魅力)がそろいましたが、この状態で満足してはいけません。
常に「患者様が何を望んでいるのか?」「新しくていい治療法がないか?」などを探して、地域No,1の治療院を目指すため
知識や技術を備えて、発揮できるよう頑張りたいと思います。

ー長浜竜之介ー